このページの本文へ

単なる電動車椅子ではない次世代の移動手段

ヤナセ、パーソナルモビリティ「WHILL」取り扱い開始

2015年09月30日 18時50分更新

文● 行正和義 編集/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

WHILL Model A

 ヤナセは9月30日、WHILLが製造販売する次世代のパーソナルモビリティ「WHILL Model A」の取り扱いを開始すると発表した。10月1日より全国176カ所のヤナセグループ販売店で取り扱いを開始する。

 WHILLはいわゆる電動車椅子だが、障がい者用の移動手段としてだけでなく、足腰の弱くなった高齢者が積極的に外出するといった目的にも利用できるように作られた次世代パーソナルモビリティ。

 鉛蓄電池を動力とした4輪駆動で、最高速度は6km/h、走行距離は最大20km(路面状態により変化)、最大7.5cmまでの段差を乗り越えることができる。本体価格は99万5000円(非課税/送料・調整費別)。

■Amazon.co.jpで購入

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン