このページの本文へ

セブン&アイのオムニチャネル『omni7』11/1スタート!2018年売上1兆円を目指す

2015年09月24日 20時26分更新

文● ナベコ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

セブン&アイのオムニチャネル『omni7』スタート

 かねてより構想が語られていたセブン&アイグループのオムニチャネル『omni7(オムニ セブン)』のサイトが、ついに11月1日、スタートとなる。
 『omni7』では、全国に約1万8000店を展開すコンビニエンスチェーン『セブン‐イレブン』を筆頭に、『イトーヨーカ堂』、『そごう・西武』、『ロフト』といった、セブン&アイグループのさまざまな業態が加盟。スマホやPCから手軽に、商品の留置きや店舗で受取り・発送などの手配が可能となる。

『omni7』(11月1日スタート)

<主なサービス>
①留置きサービス拡大
②店舗での返品・返金サービス、
③店舗でのお急ぎ受取りサービス(※関東 1 都 6 県、約 7,000 店)
④店舗への 365 日配送(※関東 1 都 6 県、約 7,000 店)
⑤店舗での接客端末による御用聞き(※当初 6,000 店、順次拡大)

<独自サイト開設企業>
セブン‐イレブン・ジャパン、イトーヨーカ堂、そごう・西武、ロフト、赤ちゃん本舗、セブンネットショッピング、セブン&アイ・フードシステムズ、セブンカルチャーネットワーク 合計:8社

 商品の品揃えは、オリジナルのものを中心に、2018年度には約60万品目を目指す。同年の売り上げ目標としては1兆円。

 ロゴ、梱包材のデザイン、Webサイトの監修はデザイナーの佐藤オオキ氏が手掛けた。ロゴは、黒が基調のモノトーンだが、差し色にセブン‐イレブンのオレンジ色を配されている。

●関連サイト

セブン&アイ・ホールディングスのオムニチャネル戦略 - イトーヨーカ堂とセブン&アイ・ホールディングス - イトーヨーカ堂│採用情報│薬剤師
セブン‐イレブン~近くて便利~

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ