このページの本文へ

小さな機能追加多め

スクリーンショットで見るiOS 9の細かい機能

2015年09月18日 10時00分更新

文● 貝塚/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 およそ1年ぶりのメジャーアップデートとなる「iOS 9」がリリースされた。スクリーンショットと共に細かな機能を見ていきたい。

Siriが利用頻度などから推測してアプリを表示
qwertyキーボードはshiftを押していないとき、小文字で表示されるように
メモでは、ノーマル、ボールド、イタリック体が利用可能。簡単なイラストなども描ける
マルチタスクはデザイン変更
プリインストールの壁紙も刷新
地図アプリは候補の表示が素早く出るスポットの説明(Wikipedia)が表示される
iCloud Driveアプリ。設定→iCloud→iCloud Drive→ホーム画面に表示をオンで出現する
設定のバッテリーが高機能にどのアプリがバッテリーを消費しているのか、時間とパーセンテージで教えてくれる
通知には「Appごとにまとめる」という機能が追加。オフにしておくと、まとまらず時系列で並ぶ
Spotlightに便利な単位・通貨変換を搭載
URL入力窓の更新アイコンをロングタップするとPC用サイトとスマホ用サイトを切り替えられるUIがより角の落ちたデザインになっている
写真アプリになぞって写真を探せるランチャーが追加選択も複数の画像の上を指でなぞってできるように

■関連サイト

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中