このページの本文へ

普段並ぶ場所だから広告・啓発効果が高そう(非常時の警告表示も)

シャープ/東京メトロ、ホームドアで透過ディスプレー実証実験を開始

2015年09月14日 16時22分更新

文● 行正和義 編集/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

有楽町線豊洲駅のシースルー・ホームドア

 シャープと東京メトロは9月14日、有楽町線豊洲駅のホームドアで透過ディスプレーの実証実験を9月19日より開始すると発表した。

 シャープの開発したシースルーディスプレーは、カラーフィルターを用いることなくRGBの光源を切り替えることで画像を表示するもの。IGZO液晶技術の応用で滑らかな動画表示と透過率向上を実現しているという。表示するコンテンツによりシースルーの有無を調整することで、駅空間の拡がりを残したままコンテンツ表示が可能という。

シースルー・ホームドアの表示イメージ

 設置場所は有楽町線豊洲駅4番線、先頭(和光方面)の先頭より2両目部。約20インチ相当の映像が表示される。実証実験は約半年ほど実施し、地下環境に適した映像コンテンツの検討や課題の把握を行ない、今後のディスプレー展開に活用するという。

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン