このページの本文へ

「HP PageWide XL」シリーズ3モデル

日本HP、大判プリンターの新ラインアップを発表

2015年09月04日 18時10分更新

文● 貝塚/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
HP PageWide XL ドロワー(二段)は別売り

 日本HPは9月3日、大判プリンター「HP PageWide XL」シリーズの新しいラインアップを発表した。

 同シリーズは複写業や出力センター、企業の印刷部門などのCADやGISのプリント向けの製品。小ロットでの販促POP作成などにも利用できる。幅の広いプリントヘッドを採用することでヘッドの移動をなくし、高速での印刷可能にするほか、インクを効率的に利用しランニングコストも減らすという技術「HP ページワイドテクノロジー」を採用している。

 A1サイズを1分に最大30枚プリントできる「HP PageWide XL 8000 Printer」、最大14枚プリントできる「HP PageWide XL 5000 MFP」、 8枚プリントできる「HP PageWide XL 4000 MFP」の3モデルで、HP PageWide XL 8000 Printerは11月頃、それ以外の2モデルは2016年1月頃に発売する予定。

 価格はHP PageWide XL 8000 Printerが1077万8400円、HP PageWide XL 5000 MFPが645万8400円、HP PageWide XL 4000 MFPが537万8400円。

カテゴリートップへ