このページの本文へ

光沢のあるメタリックで高級感のある仕上がり

LG、人間工学に基づいて作られたBluetoothヘッドセット

2015年08月31日 17時19分更新

文● 佐藤 正人/週刊アスキー編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「TONE INFINIM(HBS-900)」(左)、「TONE+(HBS-500)」(右)

 LGエレクトロニクス・ジャパンは8月31日、Bluetoothステレオヘッドセット「TONE」シリーズから、「TONE INFINIM」(HBS-900)と「TONE+」(HBS-500)を2015年9月11日より全国で発売すると発表した。価格は、HBS-900(シルバー)が予想実売価格1万7000円前後で、HBS-500(ブラック)が予想実売価格8000円前後。

 TONE INFINIM(HBS-900)は、harman/kardonと共同開発した高音質サウンド技術を搭載し、人間工学に基づいて作られたなめらかな曲線と光沢のあるメタリックなデザイン。また、ジョグスイッチによりワンタッチで音楽や音量のコントロールができる、巻き取りタイプのケーブルを使用している。

 TONE+(HBS-500)は、スリムで重量が29gと軽く、3つのボタンだけで直感的に操作ができるモデル。

 連続音楽再生時間は、TONE INFINIM(HBS-900)が最大14時間でTONE+(HBS-500)が最大7.5時間。

■関連サイト
ニュースリリース
LGエレクトロニクス・ジャパン

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン