このページの本文へ

LTEモデル含めて全5モデルで展開

ASUSのZenPad新モデルは21日発売、10.1/8型に加え7型も

2015年08月19日 16時30分更新

文● 貝塚/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ASUSは8月19日、Atom x3-C3200搭載の Androidタブレットを「ASUS ZenPadシリーズ」の新たなラインアップ、10.1型の「ASUS ZenPad 10(Z300C)」、8型の「ASUS ZenPad 8.0(Z380C)」、7型の「ASUS ZenPad 7.0(Z370C)」を発表した。SIMフリーのLTE対応モデル「ASUS ZenPad 10(Z300CL)」、「ASUS ZenPad 8.0(Z380KL)」とあわせて、8月21日に発売する。

 周囲の環境にあわせて、ディスプレーのコントラストとシャープネスを自動で調整し、屋外での視認性を高める映像技術「VisualMaster」に対応。また音響面では「DTS-HD Premium Sound」に対応し、立体的で奥行きのあるバーチャルサラウンドを楽しめる。

 ASUS ZenPad 8.0およびASUS ZenPad 7.0向けにはスピーカー付きのカバー「オーディオカバー」や、バッテリー駆動時間を最大で6時間延長する「パワーケース」なども用意される。

 価格はオープンプライスで、実売価格はASUS ZenPad 10が2万9000円前後、ASUS ZenPad 8が2万6000円前後、ASUS ZenPad 7が2万1000円前後になる見込み。

2015年8月19日:掲載時、タイトルおよび本文の製品発売日に誤りがありました。訂正し、お詫びいたします。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン