このページの本文へ

ASUS「Z170-K」、「Z170M-PLUS」

ASUS製Z170マザーの最安モデルなど2製品が15日から店頭に

2015年08月14日 23時03分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 15日(土)にASUS製のZ170チップセット搭載マザーボード「Z170-K」と「Z170M-PLUS」が発売される。同社製のLGA 1151対応モデルとしては比較的安価な製品だ。

ASUS製のZ170チップセット搭載マザーボード「Z170-K」と「Z170M-PLUS」。どちらも廉価モデルという位置づけ

 いずれのモデルもシステムを保護するための5つの機能“5X Protection II”をサポートする。その内訳をみると、デジタル電源回路「DIGI+ VRM」、静電気放電からシステムコンポーネントを保護する「ESD 保護」、ポリスイッチ(リセッタブルヒューズ)により過電流および短絡のよる損傷を防ぐ「DRAM 過電流・短絡損傷保護」、耐腐食仕様のバックI/Oパネル「ステンレススチール製バックI/Oパネル」、高寿命・高品質で安定した電源供給を供給する「高品質固体コンデンサー」で構成されている。

「Z170-K」。Z170採用のASUS製ATXモデルとしては最安となる

 「Z170-K」の主なスペックは、拡張スロットがPCI Express(3.0) x16×1、PCI Express x4×1(x16形状)、PCI Express x1×2、PCI×2、M.2スロット×1。メモリースロットはDDR4-DIMM×4(DDR4-3466(O.C.)/3400(O.C.)/3333(O.C.)/3300(O.C.)/3200(O.C.)/3000(O.C.)/2800(O.C.)/2666(O.C.)/2400(O.C.)/2133、最大64GB)。

 オンボードインターフェースとしてギガビットイーサネット(Realtek/8111GR)、7.1chサウンド、SATA3.0×6 、SATA Express×1、USB 3.1×2などを装備。I/O部には、グラフィック出力機能としてHDMI、D-Sub、DVI-Dの3系統を備える。

 
グラフィック出力機能としてHDMI、D-Sub、DVI-Dの3系統を備える

 「Z170M-PLUS」は、MicroATXモデル。主なスペックは、拡張スロットがPCI Express(3.0) x16×1、PCI Express x4×1(x16形状)、PCI Express x1×2、M.2スロット×1。メモリースロットはDDR4-DIMM×4(DDR4-3466(O.C.)/3400(O.C.)/3333(O.C.)/3300(O.C.)/3200(O.C.)/3000(O.C.)/2800(O.C.)/2666(O.C.)/2400(O.C.)/2133、最大64GB)。

 オンボードインターフェースとしてギガビットイーサネット(Intel/I219V)、7.1chサウンド、SATA3.0×6 、SATA Express×1などを装備。I/O部には、グラフィック出力機能としてHDMI、D-Sub、DVI-Dの3系統を備える。

 価格は以下の通りだ。

MicroATXモデル「Z170M-PLUS」
USB Type-Cコネクターも備える
価格ショップ
「Z170-K」
¥19,220BUY MORE秋葉原本店
¥19,224パソコンショップアーク
ドスパラ パーツ館
ツクモパソコン本店
TSUKUMO eX.
「Z170M-PLUS」
¥21,380BUY MORE秋葉原本店
¥21,384パソコンショップアーク
ドスパラ パーツ館
ツクモパソコン本店
TSUKUMO eX.

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中