このページの本文へ

価格は2万3500円

小型スティックPC「m-Stick」に、Windows 10搭載の新モデル!

2015年08月10日 11時00分更新

文● 鈴木誠史/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Windows 10搭載のm-Stickが登場

 マウスコンピューターは8月10日、Windows 10を搭載するスティック型パソコン「MS-NH1-W10」を発表した。同日11時から受注を開始している。

 およそ幅100×奥行38×高さ9.8mmという小型サイズで、HDMI端子接続でTVやディスプレーをPC化できるm-Stickシリーズの新製品。Atom Z3735F(1.33GHz)、2GBメモリー、32GB eMMC、Windows 10 Home(32bit)を搭載する。

HDMI端子接続で、TVやディスプレーをPC化できる。実際の使用時にはUSB-ACアダプター、電源供給用のMicro USBケーブルを接続させる

 USB 2.0端子とmicro SDカードリーダーを備える。通信規格は無線LAN(IEEE 802.11b/g/n)、Bluetooth 4.0に対応している。価格は2万3500円(送料込)だ。

 なお、OSにWindows 8.1 with Bingを採用する「MS-NH1」については、今後も継続して販売するという。価格は1万9800円(送料込)だ。

カテゴリートップへ

マウスコンピューター