このページの本文へ

2タップでホテルを簡単予約できるアプリをリリース

旅行市場に「モバイル」と「訪日客」の波! 飛躍する宿泊予約サイトの戦略

2015年07月28日 20時01分更新

文● 鈴木誠史/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 オンライン宿泊予約サイト「Booking.com」の日本法人ブッキング・ドットコムは7月28日、表参道オフィスでメディア向け事業説明会を実施。スマートフォン向けアプリの国内提供を開始するなど、日本における施策について発表した。

旅行業界にモバイルの波が来ている

急な直前予約に特化したというアプリ「Booking Now」をリリース

 登壇した勝瀬 博則氏(ブッキング・ドットコム・ジャパン 日本地区リージョナル・マネージャー)は、「ユーザーの86%が、スマートフォンを使って宿泊予約をしたいと思っている」というBooking.comの調査結果を報告するとともに、「日本の旅行市場にはモバイルの波が来ている。48時間以内の直前予約のうち、およそ半数はモバイル端末で行なわれている」と説明した。

ブッキング・ドットコム・ジャパン 日本地区リージョナル・マネージャー 勝瀬 博則氏

現在地に近いホテルを素早く予約できるため、急な出張や宿泊に迫られたときに便利だという

 モバイルの施策として、急な直前予約に特化したというアプリ「Booking Now」を、7月28日からAndroid向けにリリースしたことを発表した。2015年2月から先行してiOS版の提供を開始しており、Apple Watchでも利用できる。Apple Watchアプリ初にして唯一の宿泊予約アプリがBooking Nowであるとしている。

 ユーザーがあらかじめ設定した予算や条件(Wi-Fiや朝食などの有無)をもとに、現在地に近いおすすめの宿泊施設を提案するというもの。アプリは無料で利用できる。

利用登録時に、予算と施設設備の設定を行なう。後から変更することも可能

「予約ステップへ」と、その次の「今すぐ予約」をタップするだけで予約が完了する。ホテルへの経路も表示する

2015年はBooking.comの飛躍の年に

今後は、日本における登録宿泊施設数を2016年までに約1万軒に拡大させる

 アプリの発表に続き、勝瀬氏は「2009年のブッキング・ドットコム・ジャパン設立から6年かけて土台を作った。2015年は大々的にキャンペーンを展開し、飛躍の年にする」と宣誓した。モバイルの波とともに日本の旅行市場には訪日客(インバウンド)と海外旅行者(アウトバウンド)の波があり、旅行に対する機運が高まっているのだという。

7月27日には東京・名古屋・大阪を中心にテレビCMを放映した。日本での広告キャンペーンは初という

キャンペーンを展開する背景には、2014年5月のサイト訪問者数ランキングが1位となるといった高い成長率がある

Booking.comは訪日客と日本人向けどちらにも強みがあるという。ここ3年の円安傾向により訪日客が増加し、Booking.comによる総客数ランキングでも、日本の順位は10位となった(2012年は32位)。反対に、ウェブサイトは5000万件の外国語レビューをスタッフが翻訳するなど日本人向けのローカライズも徹底させている

説明会終了後はオフィスツアーも開催。Booking.comのコンテンツ制作やレビュー翻訳、営業、コールセンターなどが様々な業務を行なっている。新鮮なフルーツやコーヒーを楽しめるという休憩室(しかも和室あり!)も見学できた

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン