このページの本文へ

LIFEBOOK AHシリーズ カスタムメイドモデル

クアッドコアで13万円! ハイスペックノートは「LIFEBOOK AH WA2/S」がオススメ

2015年07月24日 19時00分更新

文● 高橋量 編集●金子/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

直販サイト「富士通WEB MART」限定販売の15.6型ハイスペックノート「LIFEBOOK WA2/S」

 夏のボーナスシーズンを機に、いま使っているPCから高性能なノートに乗り換えたいと考えている人も多いだろう。持ち運びはしないがスペックが高いノートが必要な人には、富士通の15.6型ノート「LIFEBOOK WA2/S」(LIFEBOOK AHシリーズ カスタムメイドモデル)がおすすめだ。パーツ構成はかなりハイスペックで、CPUはクアッドコアのCore i7-4712HQ (2.30GHz)でメモリー容量は8GB、液晶ディスプレイにはタッチ対応のフルHD(1920×1080ドット)パネルを採用している。

 しかもこの構成で価格は税込み13万4352円(7月24日の28%オフクーポン適用時、クーポンの内容は変更されることがある)からと、非常にリーズナブル。国内大手メーカー製で3年間のメーカー保証付きという点も安心感がある。「LIFEBOOK WA2/S」は「高性能」「リーズナブル」「安心」と3拍子揃ったお買い得なノートなのだ。

試用機の主なスペック
製品名LIFEBOOK WA2/S
CPUCore i7-4712MQ(2.30GHz)
チップセットモバイル インテル HM86 Express チップセット
メインメモリー8/16GB、デュアルチャネル対応可能
ディスプレー15.6型ワイド(1920×1080ドット) スーパーファイン液晶、タッチ対応、LEDバックライト
グラフィックス機能インテル HD グラフィックス4600(CPU内蔵)
ストレージ約500GB HDD/約1TB HDD/約1TBハイブリッドHDD
光学式ドライブBDXL対応ブルーレイディスクドライブ
通信機能無線LAN(IEEE 802.11a/b/g/n/ac)、有線LAN(1000BASE-T)
インターフェースUSB 3.0端子×4(うち1ポートは電源オフUSB充電機能付)、USB 2.0端子、HDMI端子、Bluetooth 4.0+HS、NFC、92万画素ウェブカメラ
ダイレクト・メモリースロットSD/SDHC/SDXC対応
テレビ機能なし
サウンド機能ステレオスピーカー、デジタルモノラルマイク、マイク/ラインイン端子、ラインアウト/ヘッドホン端子
本体サイズ/重量幅377.2×奥行256.6×高さ16~23.8mm/約2.5kg
バッテリー駆動時間約5.6時間(JEITA 2.0、500GB/1TB HDD選択時)/約5時間(JEITA 2.0、500GB/1TBハイブリッドHDD選択時)
オフィスソフトなし/Office Personal Premium/Office Home and Business Premium
OSWindows 8.1 Update(64bit)

タッチ対応フルHD&大容量メモリーのハイスペック構成

 今回取り上げる「LIFEBOOK WA2/S」は、富士通の直販サイト「富士通WEB MART」限定販売の「カスタムメイドモデル」だ。2014年10月に発売された店頭販売向けのカタログモデル「LIFEBOOK AH77/S」をベースにしたモデルで、購入時にCPUやストレージの種類、メモリー容量を選択できる。2014年の秋冬モデルということもありCPUにはHaswell世代のCore i7-4712HQ (2.30GHz)が使われているが、性能的にはまだまだ現役で通用するレベルであり、実際の利用にはまったく問題ない。

「LIFEBOOK WA2/S」は「富士通WEB MART」限定販売のモデル。用途や好みに合わせてパーツ構成を選べる点が大きな特徴だ

 前回紹介した「LIFEBOOK WA1/S」との大きな違いは、「LIFEBOOK WA2/S」ではタッチ対応のフルHD(1920×1080ドット)液晶ディスプレイを採用している点だ。液晶ディスプレイのサイズはどちらも同じ15.6型だが、「LIFEBOOK WA2/S」のほうが解像度が高いぶん1画面あたりの情報量が多く、写真や動画をより精細に楽しめる。

 光学式ドライブやインターフェースなどそのほかのパーツについても、「LIFEBOOK WA2/S」のほうが全体的に性能が高い。またデザイン面でも高さが16~23.8mmとかなりスリムで、見た目や手触りなどの質感が高いという特徴がある。

「LIFEBOOK WA2/S」と「LIFEBOOK WA1/S」の違い
LIFEBOOK WA2/SLIFEBOOK WA1/S
CPUCore i7-4712MQ(2.30GHz)Core i7-4712MQ(2.30GHz)/Core i5-4210M(2.60GHz)/Core i3-4000M(2.40GHz)/Celeron 2950M(2.00GHz)から選択
メモリー8/16GB4/8GB
光学ドライブBDXL対応ブルーレイディスクドライブDVDスーパーマルチドライブ/BDXL対応ブルーレイディスクドライブから選択
液晶ディスプレイ15.6型ワイド(1920×1080ドット) 、タッチ対応15.6型ワイド(1366×768ドット) 、タッチ非対応
主なインターフェースUSB 3.0端子×4、HDMI端子、Bluetooth 4.0+HS、ダイレクト・メモリースロットUSB 3.0端子×3、USB 2.0端子、HDMI端子、アナログRGB端子、Bluetooth 4.0+HS、ダイレクト・メモリースロット
本体サイズ/重量幅377.2×奥行256.6×高さ16~23.8mm/約2.5kg幅378×奥行252×高さ25.5mm/約2.2kg
バッテリー駆動時間約5~5.6時間(JEITA2.0)約2.2~2.6時間(JEITA 2.0)

 フルHDやタッチ対応の液晶ディスプレーを使いたい、あるいはメモリー容量を16GBにしたいという人は必然的に「LIFEBOOK WA2/S」を選ぶことになる。「LIFEBOOK WA1/S」は液晶ディスプレーの解像度が1366×768ドットでもOKで、なおかつパーツを変えて構成価格を抑えたいという人に向いている。

「LIFEBOOK WA2/S」のおすすめの構成例をコレだ!

 ここからは、用途ごとに「LIFEBOOK WA2/S」の構成例を紹介しよう。

 もっともリーズナブルな構成は、メモリー容量が8GBでストレージが500GB HDDの組み合わせだ。下位パーツだけを選んだ「最小構成」ではあるが、CPUはクアッドコアのCore i7-4712MQ(2.30GHz)で光学ドライブはブルーレイディスクドライブと非常に高性能で実用性は高い。さらにオプションの「電話サポート」から「ミニマムサポート」を選ぶことで、3000円割り引きとなるのもポイント。通常は1年間無料の電話サポートが初回から有料になるが、トラブルを自力で解決できるなら選ぶべきだろう。

「ミニマムサポート」は、相談1項目あたり2060円(税込)となる

最小構成+ミニマムサポート適用のハイコストパフォーマンス構成
OSWindows 8.1 Update 64ビット版
CPUCore i7-4712MQ(2.30GHz)
メモリー8GB
ストレージ500GB HDD
光学ドライブブルーレイディスクドライブ
その他ミニマムサポート(-5000円)
税込み価格12万5620円(30%オフクーポン適用時、クーポンの内容は変更になる場合がある)

 高いスペックを活かしてAVノートとして使う場合は、オプションから「ネットワークテレビチューナー」を選びたい。外付けタイプなので「LIFEBOOK WA2/S」本体に内蔵されるわけではないが、ネットワークに接続することで地上/BS/CSデジタル3波の番組を視聴/録画できるようになる。番組は本体のストレージに保存されるため、容量の大きい1TB HDDを選択するのがベスト。録画した番組は、ブルーレイディスクへのダビングやムーブも可能だ。

地上/BS/CSデジタル3波の番組を視聴/録画できる「ネットワークテレビチューナー」

テレビ録画可能なハイエンドAVノート構成
OSWindows 8.1 Update 64ビット版
CPUCore i7-4712MQ(2.30GHz)
メモリー8GB
ストレージ1TB HDD
光学ドライブブルーレイディスクドライブ
その他ネットワークテレビチューナー
合計価格14万4524円(30%オフクーポン適用時、クーポンの内容は変更になる場合がある)

 ビジネスで利用するならオフィスソフトのほかに、OSにはWindows 8.1 Pro Update 64ビット版を選びたい。Active Directoryドメインやリモートデスクトップのホスト機能といった、ビジネス向けの高度な機能を利用できるからだ。高度な機能を使いこなすとなると、メモリー容量はそれなりに必要。そこで16GBメモリーを選択し、さらにストレージにはアクセス速度の速い1TBハイブリッドHDDを選択している。この構成であれば、ビジネスのどんな作業でも、快適に行なえるはずだ。

オフィス付きの全部盛り最強構成
OSWindows 8.1 Pro Update 64ビット版
CPUCore i7-4712MQ(2.30GHz)
メモリー16GB
ストレージ1TBハイブリッドHDD
光学ドライブブルーレイディスクドライブ
その他Office Home and Business Premium
合計価格17万1848円(30%オフクーポン適用時、クーポンの内容は変更になる場合がある)

「LIFEBOOK WA2/S」は手頃なハイスペックノートだ!

 クアッドコアCPUと8GBメモリーを採用し、タッチ対応のフルHD液晶ディスプレーを搭載した「LIFEBOOK WA2/S」は、前述の通り税込み13万4352円(7月24日の28%オフクーポン適用時、クーポンの内容は変更されることがある)からと、かなりリーズナブルな値段で入手できる。

 クアッドコアCPU搭載のノートをショップの店頭で購入すると、「LIFEBOOK WA2/S」と同じような構成でも20万円以上する場合もある。ハイスペックなノートをお得にゲットするなら、富士通WEB MARTの「LIFEBOOK WA2/S」がおすすめなのだ。



富士通 McAfee Live Safeキャンペーン

富士通 FMV ESPRIMO AH

カテゴリートップへ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART
富士通
【300*80】 ascii 富士通 WEB MART 個人
  • 富士通
  • 富士通

製品ラインアップ

ノートブックパソコン/タブレット

  • 富士通 FMV LIFEBOOK NH
  • 富士通
  • 富士通 FMV LIFEBOOK UH
  • 富士通
  • 富士通 FMV LIFEBOOK MH
  • 富士通 FMV LIFEBOOK LH
  • 富士通 arrows Tab QH

デスクトップパソコン

  • 富士通
  • 富士通

その他の注目商品

  • 富士通