このページの本文へ

Western Digital「WD10J31X」

Western Digital初のSSHD「WD Blue SSHD」シリーズが発売

2015年07月17日 22時50分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Western Digital初のSSDキャッシュ内蔵HDD(SSHD)「WD Blue SSHD」シリーズが登場。BUY MORE秋葉原本店では2.5インチモデル「WD10J31X」の販売がスタートしている。

Western Digital初のSSHD「WD Blue SSHD」シリーズ

 「WD Blue SSHD」シリーズは、1TBのHDDと8GBのキャッシュ用SSDを組み合わせたWestern Digital初のSSHD。自己学習する独自アルゴリズムを搭載し、高速アクセスが必要なデータをキャッシュSSDに選択的に保存。これにより、従来HDDの最大5倍となるSSD並みのパフォーマンスと、HDD並みの大容量を両立させたとしている。

 「WD10J31X」の主なスペックは、インターフェースがSATA3.0、転送速度は100MB/sec、キャッシュ64MB、消費電力はアクセス時1.65W、アイドル時0.65W、スタンバイ時0.225W。厚みは9.5mmで、重量は120g。

 価格は1万480円となっている。

容量4TBの3.5インチモデルも用意されているが、まず発売されたのは2.5インチサイズの1TBモデル

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中