このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

業界人の《ことば》から 第153回

ブンデスリーグでも活躍するSAP

岡田武史、自分もドイツの監督だったら楽できた(笑)

2015年07月21日 09時00分更新

文● 大河原克行、編集●ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

今回のことば

「データからは新たなものが生まれないと思っていたが、ビッグデータから、予測を生むことができると感じた」(FC今治・岡田武史オーナー)

 SAPジャパンが、開催したビジネスエグゼクティブ向けイベント「SAP SELECT」の2日目の特別講演に、元サッカー日本代表監督であり、サッカー四国リーグのFC今治でオーナーを務める岡田武史氏が登場した。

 SAPジャパンは、FC今治のビジネスパートナーであり、岡田オーナーは、SAPジャパン本社のみならず、ドイツ本社も訪問。ドイツ ブンデスリーガにおける「SAP Sports One for Soccer」などの活用事例を直接視察し、データの活用方法に関する新たな気づきを得たという。

実はスポーツのデータ分析に使用されているSAP

 SAPは、セーリング、ゴルフ、F1レース、クリケット、アメリカンフットボール、野球、テニス、バスケットボール、サッカーの分野で、多数のスポーツ団体と協業しており、データを活用した分析や、選手の管理、試合への活用などを行っている。サッカーにおいては、ドイツサッカー連盟との協業により、プレイヤーおよびチームのパフォーマンス指標の分析を行っており、実際の試合に活用されている。

 SAPがスポンサーとなっているTSG1899ホッフェンハイムは、ドイツの8部リーグからスタートし、1部リーグにまで昇格。SAP Sports One for SoccerをはじめとするSAPのITインフラの活用によって、選手のコンディション管理やトレーニング設定を行った成果が出ているという。

 また、バイエルン・ミュンヘンでも、SAP Sports One for SoccerやInjury Risk Monitor、ビデオ映像をもとに試合を分析するSAP Match Insightsを活用。同様に、トレーニングプランの提案や戦術プランの共有、選手の広告撮影などを含めたスケジュール管理などに使っている。

 講演では、バイエルン・ミュンヘンに所属するアリエン・ロッペン選手や、同女子サッカーチームに所属する岩渕真奈選手のデータを使用しながら、デモストレーションを行ってみせた。

ロッベン選手のデータ

岩渕真奈選手のデータ

デモンストレーション

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事
最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ