このページの本文へ

上海問屋「透明ガラス製 タッチパッド」

強化ガラスを採用した、上海問屋の「透明ガラス製 タッチパッド」

2015年07月11日 23時48分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 上海問屋から、強化ガラスを採用した「透明ガラス製 タッチパッド」(型番:DN-13065)が発売された。昨年末に発売された「タッチパネルキーボード」に続く製品だ。

強化ガラスを採用した「透明ガラス製 タッチパッド」

 「透明ガラス製 タッチパッド」は、ノートパソコンのタッチパッドと同じ感覚でマウス操作ができる透明ガラス製タッチパッド。ジェスチャー操作によって、拡大・縮小やウィンドウ切り替え(Alt+Tab)などの操作ができる。本体はタッチ操作に反応して、LEDライトが水色に点灯。操作が有効か視認可能だ。

 製品はWindowsとMac両対応。Windowsモード(青)、Macモード(緑)の切り替えは、両手の指10本で同時にタッチするごとに切り替わる仕組み。ジェスチャーマニュアルについては上海問屋のサイトからダウンロードできる。サイズは162(W)×162(D)×11(H)mmで、重量は約210g。電源はUSBバスパワー対応となる。

 価格は5555円(税抜)だ。

本体はタッチ操作に反応して、LEDライトが水色に点灯。操作が有効か視認できる

【取材協力】

カテゴリートップへ

関連サイト
コンテンツ