このページの本文へ

Bastron「Ultra Slim Touch Keyboard」

スケスケな強化ガラスのタッチパネルキーボードが限定発売

2014年12月27日 23時42分更新

文● 山県

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 強化ガラスを採用したタッチパネルキーボード「Ultra Slim Touch Keyboard」(型番:B2)の販売がドスパラ パーツ館3Fの上海問屋コーナーで始まった。Bastronブランドのこの製品は、一枚パネルの強化ガラスで出来ているユニークなキーボードだ。

強化ガラスを採用したタッチパネルキーボード「Ultra Slim Touch Keyboard」(型番:B2)。一枚パネルの強化ガラスで出来ているユニークな製品だ

 「Ultra Slim Touch Keyboard」は、見ての通り透明な一枚パネルの強化ガラス製となる、静電容量式タッチパネル式キーボード。通電時にはブルーLEDのバックライトが点灯してキーを浮かび上がり、なんともSFチックな見た目となる。

通電時にはブルーLEDのバックライトが点灯してキーを浮かび上がり、なんともSFチックな見た目

 パネル全面をタッチパッドとして利用できる「Gesture mode」を備え、複数本の指使ったスワイプ操作やピンチイン・アウトなどに対応するのもポイント。慣れればマウス不要で、PCを操作することができる。

 ただし、操作方法に関するサポートは受けられないほか、保証期間は1ヵ月で修理対応は不可。次回入荷の予定もなく、在庫は今回販売する少量分のみとなる。
 価格は1万9980円。入荷数は少ないので、あまり迷っている暇はなさそうだ。

パネル全面をタッチパッドとして利用できる「Gesture mode」を備え、複数本の指使ったスワイプ操作やピンチイン・アウトなどに対応する

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中