このページの本文へ

AVerMedia「Live Gamer EXTREME GC550」

USB 3.0対応の録画・ライブ配信用キャプチャーデバイス

2015年07月08日 23時07分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 USB 3.0対応でゲームの録画・ライブ配信が可能なキャプチャーデバイス「Live Gamer EXTREME GC550」がAVerMediaから登場。9日(木)から販売が始まる予定だ。

USB 3.0対応でゲームの録画・ライブ配信が可能なキャプチャーデバイス「Live Gamer EXTREME GC550」。PS4、Xbox Oneなどの次世代ゲーム機の録画に最適

 「Live Gamer EXTREME GC550」は、USB 3.0インターフェースに対応し、1080p/60fpsの高画質で録画できるキャプチャーデバイスの新モデル。HDMIパススルー機能を搭載しており、大画面ディスプレーに遅延ゼロでゲーム動画を表示可能。FPSゲーム、アクションゲームも遅延を気にせず楽しめる。

 録画した動画はソフトウェア画面上のボタン1つで手軽にFacebookやYouTubeにアップロードできるほか、編集ソフトで動画編集を行なうことも可能だ。

カバーを開ければ、画像を自由に入れ替えできる。その際、付属のカバーデザインソフト「Cover Creator」を使えば、カバー画像を簡単に作って、プリントアウトできる
ライブ配信に特化した機能が充実。ゲーム実況をチャレンジしたい人にとって最適な製品だろう

 また、3.5mm MIC/AUX入力経由で、実況音声(マイク音声)や好きな音楽とゲーム音声をミックスできるため、録画・ライブ配信にも最適。専用キャプチャーソフト「RECentral 2」はピクチャー・イン・ピクチャー(PiP)機能を搭載したことで、ゲーム画面に、Webカメラの映像・画像などを重ねて、録画・ライブ配信が可能だ。

 入力端子はHDMI×1、コンポーネント×1、3.5mm AUX IN×1、3.5mm MIC IN×1。出力端子はHDMI(パススルー対応)。最大入力解像度は1920×1080ドット(60fps)で、最大録画解像度は1920×1080ドット(60fps-60Mbps)。

 価格は2万4800円(税抜)。ツクモパソコン本店やTSUKUMO eX.で販売予定だ。

入力端子はHDMI×1、コンポーネント×1、3.5mm AUX IN×1、3.5mm MIC IN×1。出力端子はHDMI(パススルー対応)を備える

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中