このページの本文へ

月額制音楽ストリーミングサービスも展開しているが、日本では未提供

マイクロソフトの音楽配信サービスが「Groove」に名称変更

2015年07月07日 13時38分更新

文● 松野/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

マイクロソフトの音楽配信サービスが名称変更

 米マイクロソフトは現地時間7月6日、すでに提供を開始している音楽配信サービス「Xbox Music」の名称を「Groove」に変更すると公表した。Windows 10におけるエンターテインメント機能について説明した「Windows Blog」の記事のなかで明らかにしたもの。

 Xbox Musicは2012年から提供されており、日本でも2013年12月にサービスイン済み。ミュージックストア内での楽曲購入や再生のほか、月額9.99ドルでの音楽配信サービスも展開しており(日本国内では未対応)、OneDriveに保存した楽曲のストリーミング機能も備える。名称の変更のほか、UIの改善など、機能向上が図られるようだ。

 GrooveはまずWindows 10のプレビュー版で利用可能となり、次の「Fast」リングで提供されるビルドから実装予定だとしている。

 同じく、すでに提供されている映像配信サービス「Xbox Video」の名称も「Movies&TV」に変更となるようだ。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン