このページの本文へ

拡大するであろうドローン市場に向け、世界と日本のドローン企業が協業

国内ドローンメーカー「プロドローン」とPhantomの「DJI」が提携

2015年07月06日 16時11分更新

文● 行正和義 編集/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

PRODRONEが開発した中継用機材「PD-C01」、三輪バイクの後部コンテナからカメラ搭載の有線給電式小型ドローンが離陸する

 産業用ドローンのプロドローンは7月4日、DJI JAPANと包括的業務提携を結ぶことで合意したと発表した。

左より、プロドローン取締役 菅木 紀代一/代表取締役社長:河野 雅一/DJI JAPAN代表取締役社長:呉 韜 (敬称略)

 プロドローンは国産ドローンの研究開発、販売を行う国内企業で、空撮など産業用ドローン分野へのサービス提供を目的に2015年に設立された。DJIは中国深センにあるドローンメーカーで、世界的ヒット商品となった「DJI Phantom」シリーズをはじめ、大型の産業用機器も製造している。

 協業による具体的なサービス・製品についての詳細はいまのところ未定ながら、産業用ドローンの技術交換や市場開拓などににより、いっそうのドローン市場の創出を目指すという。

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン