このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

今年もタイで通信速度調査! スピーディーなのはどれ?

2015年06月30日 12時00分更新

文● 末岡大祐/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

昨年からタイの通信速度は変わったのか?

 今年のSUPER GT タイ戦は、10月から6月へとスケジュールが変更された。レース自体を振り返ると、われらがミクSLSは痛恨のタイヤバーストでノーポイントという結果に終わってしまった(関連記事)。

 読者のみなさんがタイのレースの結果と同様に気になるのは、やはり現地の通信速度だろう(そうに違いない!)。海外旅行に行ったら現地の空港でまっさきにSIMを買い、観光地よりも地元のケータイショップ巡りに精を出す、そんな素敵なライフスタイルを送るみなさんに、タイでのスピードテストの結果をお届けしたい。

最近、筆者が自腹で購入したばかりの「ZenFone 2」とワイモバイルのモバイルルーター「GL04P」を手にスタジアム前でドヤ顔

 さて、昨年も速度テストを行なったが(関連記事)、日本でモバイルルーターをレンタルして、現地キャリアのTrue moveでのテストの結果、そんなに悪くない数字だった。

 今回はSIMフリースマホの「ZenFone 2」(ASUS製)とワイモバイルの「GL06P」「GL04P」(ともにファーウェイ製)を持っていき、現地キャリアのプリペイドSIMでテストをした。True moveは昨年試したので、今回はAISとdtacというタイの2大キャリアをチョイス。

Zenfone2はデュアルSIMなので、このように電波表示が2つあるが、ひとつは2G専用なので今回はあまり意味がなかった

 選んだSIMはどちらも旅行者向けのトラベラーSIMで、AISは「100バーツ分の通話料金+1週間1GBの3G通信」というもの。1GBを使い切ってしまっても、64kbpsで通信ができるし、チャージして容量を追加も可能だ。対応周波数は2.1GHzと900MHz。dtacはパッケージに「100バーツ分の通話料金+1週間無制限3G通信」と書いてあったが、よく読むと1GBを超えると2Gでの接続になると書いてあったので、基本的にはAISと同じシステムだ。対応周波数は2.1GHzと1.8GHzと850MHz。

週末になるとサッカーなどで多くの人が集まるi-mobileスタジアム。チャーン国際サーキットはこの裏にある
サーキットはグランドスタンドから一望できるほど見晴らしがいいバンコク市内でも計測した(写真は計測した場所ではありません)

 料金はどちらも299バーツ(日本円で1200円ほど)。今回は約5日間の滞在だったので1日あたり240円の計算だ。日本のキャリアのデータローミングが2980円/1日と考えるとかなりオトクに見えるが、問題は速度! どんなに安くても繋がらなくては意味がない。

左がAIS、右がdtacのSIM。空港だけでなく、どこのコンビニでも普通に売っているので手に入れやすい

(次ページでは、「バンコクとブリーラム市内の通信速度は!?」)

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン