このページの本文へ

再生に特化した「S1500」と機能充実の「S6500」

ソニーからハイレゾDSD音源対応、小型、高速読み込みのBDプレーヤー

2015年06月03日 13時00分更新

文● 貝塚/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Dlna対応やWi-Fi対応、Blu-ray 3Dディスクの再生などに対応するハイエンドモデルのS6500

 ソニーは6月3日、Blu-ray Discプレーヤーの新製品「S1500」および「S6500」を発表した。

S6500(左)と、S1500(右)

 それぞれ2014年モデル「S1200」および「S6200」の後継機となり、小型化や起動、読み込みの高速化を図った点が特徴。特に、DLNA対応やWi-Fi対応、Blu-ray 3D Discの再生などに対応するハイエンドモデルのS6500は、S6200とくらべて幅がおよそ10.5cmコンパクトな約25.5cmとなっている。ディスクのロード時間は、公称でおよそ2秒程度高速化したという。

2014年モデル「S6200」と比較すると大幅に小型化している

S1500をiPhone 6 Plusと比較してみたところ

リモコンにはNetFlexボタンを搭載

 UIも一新。従来のリスト形式のものから、コンテンツがタイル状に並んだものへと変わり、各コンテンツへのアクセス性を高めている。このほか、DSD(5.6MHz/1bit)、DSDIFF、DSF音源の再生に対応(S6500のみ。192kHz/24bitまでのFLACは、両機種とも対応)するなど、音楽再生能力も高めている。

 またS6500のみとなるが、YouTubeの動画やUSBメモリーから再生する動画の映像など、フルHD解像度の映像を4K解像度にアップコンバートする機能をそなえる。

 今秋のサービス開始が予定されているストリーミングサービス「NetFlix」に対応するのも大きな特徴のひとつ。リモコンに設けたNetFlixボタンで、テレビの電源オンとNetFlixサイトへのアクセスが同時にできる。

S1500の背面

 価格はオープンプライスで、実売予想価格はS6500が2万1500円前後、S1500が1万3000円前後。いずれも6月20日に発売の予定だ。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアム実機レビュー

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中

今月のピックアップ動画