このページの本文へ

これまでのプラレールのL0系のように車輪が付いてるわけじゃない

ほんとに磁力で浮かんで進む「リニアライナー 超電導リニアL0系スペシャルセット」

2015年05月27日 14時27分更新

文● 行正和義/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
リニアライナー 超電導リニアL0系スペシャルセット

 タカラトミーは5月26日、磁力で浮上および前進する世界初の量産型リニアモーターレール玩具「リニアライナー 超電導リニアL0系スペシャルセット」を発表、予約注文を開始した。

レールはストレート、カーブ、ハーフ含めてレールレイアウトは幅1920×奥行き848cmのサイズとなる

 リニア中央新幹線L0系を再現した車両には1車両ごとにコイルと磁気センサーが搭載され、レール側の帯磁石で浮上、コイルの電磁石を車両側でコントロールして推進する。1/90スケールなので、実車サイズ換算で時速500km/hで走行するという。

情景セットには橋脚やトンネルも用意される 

 レール側にはコントロールステーションを備え、車両速度を制御するほか、音声アナウンスなどが流れる。商品には4両編成の車両のほか、レール、橋脚、トンネルなどが付属。車両内の充電池を専用ケーブルで充電して走行し、30分充電で20分の走行が楽しめる。9月発売となり、価格は3万7800円。

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン