このページの本文へ

技術開発力の強化や自社クラウドサービスの強化も目指す

NTT Com、OpenStack Foundationの企業スポンサーに加盟

2015年05月20日 07時00分更新

文● 大谷イビサ/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 5月20日、NTTコミュニケーションズはIaaS基盤向けのOSSであるOpenStackの展開やエコシステムの中心的な役割を担う非営利団体 「OpenStack Foundation」のCorporate Sponsorに加盟することを発表した。

 NTT Comは2015年2月、日本におけるOpenStackの普及推進のためのコミュニティである「日本OpenStackユーザ会」の賛同企業として加盟。同年3月には「OpenStack Foundation」とCorporate Contributor License Agreement(CCLA)を締結し、コントリビュート活動を開始している。また、パブリッククラウドサービス「Bizホスティング Cloudn」ではOpenStackなどを採用している。

 今回のOpenStack FoundationのCorporate Sponsor加盟により、OpenStackに関する技術開発力やプロモーション活動の強化、クラウドサービスのさらなる品質向上を目指す。これにより、オープンソースのクラウド技術発展に貢献するとともに、グローバルにおけるクラウドサービスのさらなる強化・拡充を進めるという。

カテゴリートップへ

ASCII.jp特設サイト

クラウド連載/すっきりわかった仮想化技術

ピックアップ