このページの本文へ

全世界の陸地を2mメッシュの超高精細データで

建物の起伏まで分かる、超高精細の全世界のデジタル地図データ

2015年05月18日 16時40分更新

文● 行正和義/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

データより作成した東京湾岸地区

 NTTデータと一般財団法人リモート・センシング技術センター(RESTEC)は5月18日、「全世界デジタル3D地図提供サービス」に2m解像度の高精細版3D地図データを新たに販売する。

衛星写真(左)と2mメッシュデータ(中央)、現在販売中の5mメッシュデータ(右)

 全世界デジタル3D地図提供サービスは2014年2月から提供しているもので、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の陸域観測技術衛星「だいち(ALOS:エイロス)」が撮影した衛星画像を元にしている。これまで最高5mメッシュであったが、新たに民間衛星としては最高解像度となる米DigitalGlobeの衛星画像を活用して高解像度化。5m解像度では難しかった建築物レベルの起伏も再現、都市計画や施設管理などいっそう広い活用範囲で利用できる。

2mメッシュデータから制作したエベレスト

 高さを示す標高データとして提供されるが、3Dプリンターで土地模型を作りたいという要望に応え、3Dプリンター用データも用意するという(STLデータ、追加料金5000円)。提供単位は最低20平方km~、価格は1平方kmあたり1万1880円より。

2mメッシュデータの富士山と3Dプリンターで出力した模型

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン