このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

「レース競争力の源泉はリアルタイムのデータ分析力」ITディレクターが語る

名門F1チーム・ウイリアムズ、ITデリバリも“最速”を求める

2015年05月19日 14時00分更新

文● 大塚昭彦/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

レース競争力を高める“デジタル変革”に向けアバナードと協業

 「基本的なITの構成要素はどのチームも同じ。だからこそ、アプリケーションやシステムの『戦略性』がレース結果を左右する」――。名門F1(Formula One)レースチーム、英国のウイリアムズF1(Williams Martini Racing)でITディレクターを務めるグレーム・ハックランド氏は、レースの競争力強化におけるITの重要性についてこう語る。

ウイリアムズF1でITディレクターを務めるグレーム・ハックランド(Graeme Hackland)氏

 ウイリアムズでは、2015年の今シーズンからアバナード(Avanade)とのテクニカルスポンサーシップ契約を結び、“デジタル変革(Digital Transformation)”を通じたさらなるレース競争力の向上を目指す方針を発表している。アバナードは、アクセンチュアとマイクロソフトのジョイントベンチャーとして2000年に設立されたITコンサルティング/SIベンダーだ(関連記事)

 今回、英国オックスフォード州の本社にいるハックランド氏とのSkypeインタビューの機会を得たので、ウイリアムズがIT強化を図る背景について、詳しく話を伺った。

“戦略的ゲーム”F1レースをリアルタイムデータ分析が支える

 F1世界選手権は、参加チーム(コントラクター=F1カーの製造者)が1年間、世界中のサーキットを転戦してレース順位に応じたポイントを獲得していき、その合計ポイントでドライバーおよびチームの順位を決めるモータースポーツだ。2015年は全10チーム(ドライバーは各チーム2名)が、19カ国のサーキットで“最速”の座を競うことになる。

 ハックランド氏はまず、F1レースにおけるIT活用の現状について説明してくれた。レースにおける競争力向上のために、F1チームにとって最も重要なITは「リアルタイムのデータアナリティクス(データ分析)」だという。

 F1レースの勝敗は、単純に「F1カーの性能」や「ドライバーのテクニック」だけでは決まらない。その大きな理由は、レースコンディションが毎回変化するからである。世界中のサーキットを転戦するF1レースでは、天候や気温(路面温度)などレースのコンディションが毎回変化する。したがって、その日、そのときの状況に応じたレース戦略を組み立てなければならない。企業ビジネスと同じように、最良の戦略判断を行うためには、より多くのデータを比較/分析し、状況に応じた戦略判断ができるようサポートするデータ分析の力が必要となるわけだ。

 F1カーには大量のセンサーが搭載されており、マシンのパフォーマンスや信頼性に関する詳細なデータを、リアルタイムにコース脇のチームブース(「トラックサイド」と呼ぶ)に送信している。このデータをモニタリング/分析して、レース戦略に沿った走行をドライバーに指示するのが、トラックサイドに控えるレースエンジニアの役割だ。

 ここで分析の対象となるのは、自チームのリアルタイム走行データだけではない。過去の走行データ、競合チームの走行データなども含まれる。そこで、現在/過去の膨大なデータを瞬時に分析し、的確な戦略判断を助けるために、データアナリティクスのアプリケーションが導入されている。ちなみに、1レース(練習走行、予選走行、本番走行を含む4日間)で収集するデータ量は75GBに及ぶと、ハックランド氏は語った。

トラックサイドに控えるレースエンジニアは、リアルタイムのデータ分析に基づきレース戦略を決定し、ドライバーへの指示を出す

 「ウイリアムズでは、常に“2ラックのデータセンター”と世界中を旅している」と、ハックランド氏は語る。もちろん、競合チームも同じようにITシステムを導入し、競争力を高めようと努力している。だからこそ、IT活用の「戦略性」が重要であり、戦略的なアプリケーションをレースエンジニアに与えることで競争力が強化されると、ハックランド氏は強調した。

F1チームにとってはアプリ開発の「スピード」も重要な要件

 そうした戦略的アプリケーションの例として、ハックランド氏は、ウイリアムズが今シーズンから導入した「タイヤ最適化アプリ」や「燃料管理アプリ」を紹介してくれた。いずれもアバナードの支援により開発されたもので、導入によって「前シーズンと比べて、競争力を大きく向上できている」という。

 F1レースでは、F1カーの能力や設計だけでなく、レース中に使用できるタイヤや燃料まで、非常に細かなレギュレーション(規定)が定められている。そのため「ドライバーが、すべての周回をトップスピードで走ることはできない」(ハックランド氏)。レースの中で2組のタイヤ、100kgの燃料をどう使い切っていくか、そのためにドライバーは現在の周回を何秒で走るのが適切なのかというレース戦略が重要であり、上述のアプリケーションはその判断を助けるものだ。

 「たとえばタイヤが摩耗しすぎると、1周で1秒も2秒も遅れてしまうおそれがある。摩耗を抑えるためにどう走るか、どのタイミングでタイヤを交換するか。また、決まった量の燃料をどう効率よく使い切っていくか。こうした戦略判断をするうえで、アバナードの開発したアプリが大きな成果を挙げている。過去の膨大なデータに基づく予測も可能だ」(ハックランド氏)

 ちなみにタイヤ最適化のアプリケーションは、ウイリアムズの要望を聞きながら、アバナードのオフショアチームがわずか2カ月間でアジャイル開発したものだという。ハックランド氏は、「F1チームにとって大切なのは、迅速なアプリケーションのデリバリだ。何カ月もかけて開発するようなスタイルではレースに貢献できない」と述べ、アバナードはウイリアムズの期待に応えていると評価する。

(→次ページ、3年間で70の“デジタル変革”プロジェクトを実行する計画

前へ 1 2 次へ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ