このページの本文へ

「SharePoint」と「Social Site」を連携、組織の壁を越えたコラボを実現

富士通グループ17万人の社内SNS、アバナードが構築を支援

2015年06月08日 09時00分更新

文● 大塚昭彦/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アクセンチュアとマイクロソフトの合弁会社であるアバナードは5月26日、グローバルの富士通グループにおける企業内SNSの構築支援事例を発表した。「Microsoft SharePoint」を中核とした大規模なコミュニケーション基盤を構築している。

 富士通では2012年1月から、国内外の関係会社約500社17万人を対象とした「グローバルコミュニケーション基盤」の統一を進めている。これは、グループ全体のシームレスな情報共有やコミュニケーション活性化、ビジネスのスピードアップなどを目的として、全社員が利用するメール、ファイル共有、スケジュール管理、Web会議といった情報ツール群を統一するという大がかりなものだ。

富士通では国内外グループ約500社、17万人規模の統一コミュニケーション基盤の構築に取り組んでいる(2012年の富士通プレスリリースより)

 この新しいグローバルコミュニケーション基盤において、主要機能の1つとなったのが「社内SNS」である。会社/部門/階層といった組織上の境界を越えたノウハウの共有、チーム内連携の強化の2つを目的としており、SNS上では自由にコミュニケーションの場(コミュニティ)を設定できることが求められた。

社内SNSの導入により、組織の枠組みを超えたつながりを実現してナレッジ共有や業務効率化につなげる狙い(富士通資料より)

 富士通では、同社にとって初めてとなる社内SNSの全社導入において、社内SNSの豊富な導入実績を持ち、社内での活用促進や定着についての方法論も有するアバナードをパートナーに選んだ。加えて、新コミュニケーション基盤の中核となるSharePointとの連携ノウハウ、世界70拠点を有するグローバルなサポート実績も評価したという。

 両社で社内SNSツールを比較検討した結果、SharePointと高い連携性を持ち、コラボレーションを誘発するさまざまな機能も備える、米シトリオン(Sitrion)の「Social Site」が選定された。

 アバナード日本チームにとっても国内で初めての社内SNS大規模導入となったが、グローバルのアバナードが全面的な支援を実施。過去のプロジェクトで開発したテンプレートを提供するなど、グローバルの資産を活用することで、富士通でのパイロット導入に成功した。

 その後、2013年11月のグローバルコミュニケーション基盤リリースと同時に、まず富士通本社の5万人がSocial Siteを利用開始。続いて、2014年4月には国内グループ会社200社でも利用を開始し、およそ11万人が社内SNSに参加できる状況になっている。SNS導入の目的であったコミュニティは、アクティブなものだけで500を超え、さらに増加傾向にあるという。

 富士通では2015年度中に、国内/海外のグループ17万人全員に、社内SNSを含めたコミュニケーション基盤の展開を完了させる計画だとしている。

今回富士通が導入した社内SNS

訂正:一部掲載画像を差し替えました。記事内容に変更はありません。(2015年6月8日 21時)

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ