このページの本文へ

クワッドローターばかりがマルチコプター・ドローンじゃない

携帯便利な二重反転プロペラ装備、自撮りも可能な空撮ドローン「Sprite」、クラウドファンディング開始

2015年05月15日 14時32分更新

文● 行正和義/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
クアッドコプター型ドローンを見慣れていると独特のボディが目を惹く

 Ascent AeroSystemsの二重反転プロペラ装備の空撮ドローン「Sprite」がクラウドファンディングKickstarterで資金募集を開始した。5月15日に開始されたばかりだが、資金獲得のペースは速く、期待が持てそうだ。

 ドローンというと4ロータータイプのマルチコプター(クアッドコプター)が代表的だが、Spriteは2つのローターを同軸で回転させる二重反転方式を採用。水筒のようなボディ(直径10cm、全長35cm)の上部には折りたたみ式プロペラを備え、下部にはHDカメラを内蔵。ボディは頑丈なポリカーボネートのチューブに収められており、折りたたみプロペラもあって落下などでも壊れにくく、ボディは防水機能も備える。

二重反転式プロペラは下方向に畳むことができる

 本体下部に2軸ジンバル(揺れ防止)を備えてGoProを装着可能、また、リアルタイム画像伝送機能も備え、画像を見ながらの飛行(FPV)も可能。

スリムにまとまった本体。着陸脚は持たない

 基本的にモーターやバッテリー、フライトコントローラーなどは既製品を使用しているのが特長で、飛行機能はAPM(オープンソース開発のフライトコントローラー)系列を利用。フォローミー(ユーザーの移動を追尾)やマップ上のポイントを指定しての自律航法などが行えるほか、近接センサーを備えて障害物にぶつからないように飛行できるという。11.1Vのリチウムポリマーバッテリーで約10~12分の飛行が可能としている。

バックカントリーなどに最適とうたっているように、やや大きめの水筒のようにリュックに入れて背負って運ぶびやすい 

 趣味の空撮のほか、災害時や遭難時の現場確認や捜索、セキュリティ用途といった業務用途も視野に入れているという。1機を入手するための金額は799ドル。ラジコンとして操縦することもでき、送受信機付きの金額は949ドル(ただし欧米仕様のラジコン送信機は日本では利用できない)。

デモ動画 開発途中のプロトタイプ(カメラはないが着陸脚がある)
■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン