このページの本文へ

コンパクトサイズでデスク上における

ケーブル類をオシャレに収納するボックス、サンワサプライ

2015年05月14日 22時08分更新

文● ナカムラ/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
サンワサプライはケーブル・タップ収納ボックス「CB-BOXP7シリーズ」「CB-BOXP8シリーズ」を発売。

 サンワサプライは5月14日、ミニサイズのケーブル・タップ収納ボックス「CB-BOXP7シリーズ」「CB-BOXP8シリーズ」を発売した。価格はCB-BOXP7シリーズが2268円、CB-BOXP8シリーズが3672円。

カラーバリエーションは、各シリーズともブラック・ブラウン・ホワイトの3色展開。

 CB-BOXP7シリーズ、CB-BOXP8シリーズは、電源タップやケーブルを収納して電源周りの配線を目隠しできるケーブルボックス。多数のケーブルを取り回しやすくするため本体左右の2面にケーブル口がある。

 CB-BOXP8シリーズには、ボックスにピッタリと収まる2P・4個口の電源タップが付属。充電器などの少し幅があるコネクタも使いやすいレイアウトの差込口となっている。タップの電源コード長は2m、スイング式のプラグなので壁際に配線しやすい。なお、CB-BOXP7シリーズにはタップは付属しない。

 サイズは幅180×奥行き90×高さ98mmと小型で、狭い机上でも使用できる。上部のフタは取り外せる。また、フタの上面はラバー塗装を施しており、置いた機器にキズが付くことを防ぐ。携帯電話・スマートフォンやポータブル音楽プレーヤーなどの携帯情報端末の充電に適しているという。

 ボックス本体には難燃性グレード「UL94 V-0」に対応する熱に強いABS樹脂を採用、更に熱がこもりにくい構造を持つので、火災を引き起こしにくいとしている。本体底面には滑り止めが付いており、フローリングや板面などの滑りやすい場所でも使用できる。

ボックスはシンプルなデザインで、オフィス・家庭など場面を問わず使用できる。

カテゴリートップへ