このページの本文へ

上下位置の変えられる棚板、開閉式の上蓋、放熱対策など、使いやすさにも配慮

PC・AV機器周りの配線をすっきりまとめるケーブルボックス

2013年05月10日 17時32分更新

文● コジマ/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「UCCB-TD1シリーズ」

 SiBは5月10日、同社のUrban Utilityブランドから、ケーブルボックス「UCCB-TD1シリーズ」を発売した。価格は8000円。

 UCCB-TD1シリーズは、内部を上下位置の変更できる棚板で2つの空間に分けられるのが大きな特徴だ。たとえばパソコン周りなら、ルーター、ハブ、無線LANのアクセスポイントを下の空間に、ACタップを上の空間に配置するといった、機能的な収納が可能になっている。

写真はカットモデルを使用した収納例。なお、製品では側面の取り外しはできない

 また、スイング開閉式の上蓋を採用しており、個別スイッチをそなえるACタップなどを上部に配置すれば、スイッチを簡単に操作できる。さらに、上蓋のスリットからケーブルを引き出せるため、充電器をACタップに接続することで、スマートフォンなどの充電も手軽に行えるという。底面、側面、棚板、上蓋のそれぞれに熱対策用の通気口を用意しているため、発熱する機器を収納した場合の蓄熱も回避できるとしている。

AV機器周りなら、外付けハードディスクとハブを下に、ACタップを上にするといった分け方ができる。上蓋は開閉式なので、タップのスイッチを操作するときなども手軽だ
底面、側面、棚板、上蓋のそれぞれに熱対策用の通気口を用意した、開放部の多い構造になっている。背面にはスリットがあるため、ケーブルの取り出しも簡単上蓋のスリットからケーブルを引き出せるので、スマートフォンやゲーム機などの充電に役立つ

 本体サイズは、外寸が約幅14×高さ37×奥行40cmで、内寸が約幅12.5×高さ33×奥行37.5cm。重量は約3kg。カラーバリエーションは白、茶、黒の3色。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン