このページの本文へ

Windows 8.1 Pro標準搭載の法人向け製品

4列テンキーやD-Subをしっかり用意!第5世代CPUの5万円台ノート

2015年05月14日 16時00分更新

文● 鈴木誠史/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「MousePro-NB581C-1505」

 マウスコンピューターは5月14日、Windows 8.1 Pro搭載の15.6型ノート「MousePro-NB581C-1505」ほか2製品を発表した。

 法人専用ブランド「MousePro」の製品で、Windows 8.1 Pro Update(64bit)もしくはWindows 7 ProfessionalをOSに搭載できる。3製品のラインアップすべて第5世代CPUのCeleron 3205U(1.5GHz)を搭載している。

 15.6型のノングレアディスプレー(1366×768ドット)、4列テンキー付きフルサイズキーボード、独立した左右のクリックボタンを採用しているのが特徴。バッテリー駆動時間はおよそ4.1時間(JEITA 2.0)だ。インターフェースはUSB 3.0端子×2、USB 2.0端子×2、HDMI端子、D-Sub端子、マルチカードリーダーなど。無線LAN(IEEE802.11b/g/n)とBluetooth 4.0を搭載しているのは最上位モデルだけだが、そのほかのモデルでもBTOで選択可能となっている。

4列テンキー付きフルサイズキーボード、独立した左右のクリックボタンを採用
筐体カラーは光沢のあるブラック

 スペックが異なる3モデルをラインアップする。このうち最も安価な「MousePro-NB581C-1505」は2GBメモリー、320GB HDDという構成で、価格は5万3784円。最上位モデルの「MousePro-NB581CSA-1505」6万9984円で、4GBメモリー、256GB SSD、DVDスーパーマルチドライブを搭載する。

 BTOに対応しており、SSD+HDDのツインドライブ構成や光学式ドライブの搭載などのカスタマイズが可能だ。5月14日16時からマウスコンピューター公式サイト、ダイレクトショップ、電話通販窓口で販売を開始している。

カテゴリートップへ

マウスコンピューター
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター マウスコンピューター マウスコンピューター マウスコンピューター マウスコンピューター マウスコンピューター マウスコンピューター マウスコンピューター
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター マウスコンピューター マウスコンピューター マウスコンピューター マウスコンピューター マウスコンピューター
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター マウスコンピューター マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター マウスコンピューター マウスコンピューター
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune

 

マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune