このページの本文へ

Eストアーは減収増益、量から質に転換

2015年05月14日 05時39分更新

記事提供:WPJ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

 (株)Eストアーが12日発表した2015年3月期決算は、売上高が前期比1.7%減の57億7100万円、営業利益が同3.7%増の5億7100万円、純利益は同2.8%増の3億3200万円となった。

 売上全体の70%を占めるシステム事業は、契約顧客数の拡大から、顧客の売上増に比重を置き、構造転換を図った。また、スマホからの購入の増加、後払い決済への対応など、消費者購買行動の多様化に対応した。この結果、契約顧客数は同18%減の2万605件となったが、1店舗あたりの業績は同16%増となった。

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

この記事の編集者は以下の記事をオススメしています

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く