このページの本文へ

製品第一弾は5月16日発売の「Oriolus」

ヒビノとiBassoのエンジニアによる新オーディオブランド「Oriolus」

2015年05月12日 15時00分更新

文● 貝塚/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 サイラスは5月12日、オーディオブランド「Oriolus(オリオラス)」を立ち上げることを発表した。

 サイラスとヒビノインターサウンドのエンジニアリングチーム、iBasso Audioのチーフエンジニアであるリー・ジェン・スン氏が共同で立ち上げ。サイラスは日本国内での販売とサポートを担当する。

製品第1弾はブランド名を冠した「Oriolus」

 製品第1弾はブランド名を冠した「Oriolus」。BA型ドライバー3基とダイナミックドライバー1基を搭載したマルチウェイタイプのイヤフォンで、もともとiBasso Audio製品の検聴用に開発されたものを市販向けにブラッシュアップしたものという。出力音圧レベルは114dB/mW、インピーダンスは16Ωで、約1.2mのOFCケーブルを採用。価格はオープンプライスで、実売価格は10万8000円前後になる見込み。5月16日より販売する。

 なお同製品は秋のヘッドフォン祭 2014のiBassoブースに開発中のプロトタイプイヤフォン「Oriolus」として参考出展されていた。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン