このページの本文へ

NTT ComのグローバルVPNサービスで4つの機能強化

Arcstar Universal Oneで他社クラウド接続や帯域変更が可能に

2015年04月28日 07時00分更新

文● 大谷イビサ/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 4月27日、NTTコミュニケーションズは、世界196カ国/地域で提供するグローバルVPNサービス「Arcstar Universal One」において、「マルチクラウド」「アセットライト」「ネットワークコントローラー」「マルチネットワーク」などの新機能を2015年5月より順次提供開始することを発表した。

 マルチクラウドは、NTT Comが提供する企業向けクラウドサービスであるBizホスティング Enterprise Cloudに加え、Microsoft AzureやAmazon Web Servicesといった事業者クラウドを利用できるクラウド接続オプション(仮称)を閉域網、かつグローバルに提供します。事業者クラウドとArcstar Universal Oneのインターフェースは最大10Gbpsで接続。クラウド事業者とネットワーク事業者間の自動接続により、クラウドとネットワーク間の接続をビジネスポータルサイトによりオンデマンドで行なえる。

他のクラウドとの相互接続が可能なクラウド接続オプション(仮称)を提供

 アセットライトは資産を保有せずに利用できるArcstar Universal One アドバンストオプションの「アプリケーション高速化メニュー」に、新たにクラウドおよびモバイル環境からの高速化機能を追加し、グローバルに提供する。これにより、ユーザーの拠点およびモバイル環境とクラウド間の通信におけるアプリケーション高速化が可能になり、アプリケーションのパフォーマンスのさらなる向上が図れるという。この機能は世界初の提供となる。

アセットライトはアプリケーション高速化メニューを新たに提供

 ネットワークコントロールは、通信帯域をリアルタイムに変更可能なオプション機能を国内L3スタンダード型プレミアムプラン/ギャランティプラン、及びイーサネット専用線の双方で提供する。繁忙期において通常時よりも大きなネットワーク帯域を利用したい場合などは、ビジネスポータルサイトから簡単・オンデマンドで利用可能な帯域を設定可能になる。

ネットワークコントロールは、通信帯域をリアルタイムに変更可能なオプション機能を提供

 マルチクライアントは、日本国内で提供中の仮想ネットワークサービス「Arcstar Universal One Virtual」を2015年5月からグローバルに提供開始します。PC/スマートフォン/タブレットなどさまざまなデバイス、さまざまなネットワーク(Arcstar Universal One/インターネット/他社ネットワーク)を経由して高セキュリティな環境でクラウド接続が可能になる。なお、このサービスも世界初の提供になるという。

仮想ネットワークサービス「Arcstar Universal One Virtual」を2015年5月からグローバルに提供開始

カテゴリートップへ

ピックアップ