このページの本文へ

API仕様やステータス、サンプルコードなど提供、開発の効率化を支援

NTT Com、自社サービスのAPI情報をまとめた開発者ポータル

2015年04月03日 06時00分更新

文● 大塚昭彦/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は4月1日、同社サービスに関連するAPIを効率的に活用するための開発者向けポータルサイト「NTTコミュニケーションズ APIゲートウェイ 開発者ポータル」を提供開始した。

NTTコミュニケーションズ APIゲートウェイ 開発者ポータル

 NTT Comでは、同社のネットワークサービスやクラウドサービス(Bizホスティング)、コロケーションサービス、アプリケーションサービスにおいて、認証や情報閲覧、操作、設定変更などを可能にするAPIを提供している。

 今回提供を開始した開発者ポータルでは、各サービスで提供するAPIの仕様や稼働状況、サンプルコード、APIキーなどがまとめて参照できる。これにより、APIを利用して各サービスと連携するアプリケーションの開発がより簡易になる。

開発者ポータルは、NTT Comの各種サービスで提供されているAPI関連の情報をまとめている

 NTT Comでは、APIコンソールやSDK、利用企業のベストプラクティスやユースケースなど、今後も同ポータルのコンテンツを拡充していく方針。またAPIゲートウェイサービス自体も、「NTTコミュニケーションズ ビジネスポータル」からのオンライン申込みを可能にしていくとしている。

カテゴリートップへ

ピックアップ