このページの本文へ

これでラウンジで寝過ごしていても大丈夫(多分)

エミレーツ航空、Apple Watch用アプリの提供を予告

2015年03月25日 13時21分更新

文● 行正和義/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
利用イメージ 

 エミレーツ航空は3月25日、Apple Watch用のアプリを開発したと発表した。4月24日のApple Watchの発売直後から利用可能になる。

 同社が昨年より公開しているiPhone/iPad用アプリの延長線にあるもので、Apple Watch上で旅行予定の確認、発着ターミナルやゲート番号、運行状況や手荷物受け取り所といったフライト情報へアクセスできる。

ボーディング時刻をいつも確認、発着ゲートが変更になれば通知も 

 ゲート番号や手荷物受け取り所が変更になった場合にも通知される。アプリはアップルが提供する飛行機搭乗券機能(や各種チケット、クーポンの機能も備える)アプリ「Passbook」と互換性も持つ。

 提供は当初、英語・フランス語、ドイツ語の3種。利用にあたってはiPhoneにエミレーツアプリがインストールされてる必要がある。

■Amazon.co.jpで購入

■関連サイト

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中