このページの本文へ

毎日山手線を乗る人は毎日ポイントがたまる

ドコモ、音波ビーコン技術「Air Stamp」の新トライアルを山手線で開始

2015年03月13日 19時16分更新

文● 行正和義/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ショッぷらっと

 NTTドコモは3月13日、音波技術を用いた「Air Stamp」技術のトライアル「山手線でチェックインしょう!」を3月15日~9月30日の期間で実施する。

 Air Stamp技術は人の耳には聞こえない音波を用いたビーコンシステムで、スマホで音波を受けるチェックインシステム。すでにJR東日本が提供している「JR東日本アプリ」に組み込まれてトライアル試験を実施済み。

 新たなトライアルはドコモのO2Oサービス「ショッぷらっと」によって行われる。アプリをダウンロードし、山手線車内にてアプリを起動すると、ドコモのO2Oサービス「ショッぷらっと」のポイントを毎日獲得できる。

実施される2つのキャンペーン 

 さらに、山手線車内および山手線沿線の「アトレ・アトレヴィ」にて一定条件を満たすチェックインをするとポイントがたまる「山手線でアトレに行こう!」(3月15日~5月31日)も実施される。アプリはGoogle Play、App Storeにて無料でダウンロード可能。

SDK公開による他社への提供 

 ドコモでは、Air Stamp技術の普及に向けてでSDKの公開およびチェックインサービスの提供を各種企業に向けて行っており、山手線をはじめとする各地のロケーションオーナーに対し、AirStampを組み込んでもらうことで他のモバイルサービス提供事業者がソリューションを利用しやすくなる環境を目指すとしている。

■Amazon.co.jpで購入

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン