このページの本文へ

サムスンの5.7型ファブレット「GALAXY Note 4」に新色登場! 

2015年03月07日 11時30分更新

文● 鈴鹿 廻

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ペン入力にも対応する日本未発売のサムスン電子製ファブレット「GALAXY Note 4」の新色が直輸入で登場。ゴールドとピンクがイオシス各店で販売中だ。

サムスンの5.7型ファブレット「GALAXY Note 4」に新たなカラバリ登場。ゴールドとピンクの2色が加わった

 国内展開を「GALAXY Note Edge」に譲った、元祖ファブレット最新モデル。アキバ店頭では昨年10月にブラックとホワイトモデルが登場し、追って今年1月にはデュアルSIMモデルが相次いで発売されてきた。今回の新色入荷により、シングルSIMモデルは計4色から選べるようになった。

 主なスペックは、解像度が1440×2560ドットの有機ELディスプレー、プロセッサーがクアッド1.9GHz+クアッド1.3GHzのオクタコア、メモリー3GB、ストレージ32GBなど。フロント370万画素、リア1600万画素のカメラも備える。

入荷したのは、8コアCPUを搭載するシングルSIMモデルの新色。トレードマークのSペンも筐体と同一色のカラーリングを採用している

 なお、入荷したのはゴールドがシンガポール版でピンクが香港版。ただし、ショップによれば「厳密には対応するLTEバンドが異なるものの、日本で使用できるバンドは共通」とのことで、実質的な差異はないようだ。

 イオシス アキバ中央通店やビートオン 秋葉原店などのイオシス各店にて、店頭価格9万9800円で販売中だ。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン