このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

今年も話題のスマホがたくさん発表! MWC 2015レポ第15回

レノボから高性能カメラ搭載スマホ! 機能や画質はコンデジ越え!?

2015年03月04日 19時30分更新

文● 平澤寿康 編集● ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 レノボは、デジカメ相当の高性能カメラを備えるスマートフォン「VIBE Shot」を発表し、MWC 2015のレノボブースで展示した。というわけで、さっそくインプレッションをお届けする。

高性能カメラ搭載スマホ「VIBE Shot」。背面デザインは、コンデジを意識したものとなっている

ミドルハイのスマホに高性能カメラ
コンデジ初期っぽいスタイルの「VIBE Shot」

 VIBE Shotは、レノボのスマホとしては上位に位置付けられた製品だ。最大の特徴は、背面に高性能なカメラを搭載している点。そのため、デジタルカメラに近い本体デザインを採用。背面は、レンズを搭載する部分が帯状のシルバー、それ以外がブラックやホワイトとなり、レンズが上に来るように横向きに構えると、どこかで見たコンデジのような雰囲気となる。

 本体は板状のフラットなデザインで、側面も直線的に切り落とされており、シャープな印象を強く受ける。細部の仕上げも美しく、低価格スマホとは一線を画する仕上がりとなっている。ただし、液晶面の見た目はスマホそのもの。搭載する液晶は5型で、表示解像度はフルHD(1080×1920ドット)となっている。

下部側面。フラットで板状のボディとなり、側面も直線的だ液晶面は通常のスマホ同等。5インチのフルHD液晶を搭載する

 撮像素子は1600万画素で、アスペクト比は16:9とのこと。また、LEDを3個利用した大光量フラッシュ”トリカラーフラッシュ”や、暗い場所でもキレイな写真が撮れる高感度撮影にも対応。レンズは6枚構成で、光学手ブレ補正機能も備える。さらに、インカメラも800万画素でセルフィーも高画質で撮影可能だ。

背面のメインカメラは1600万画素の16:9センサーを採用。レンズは6枚構成で光学式手ブレ補正に対応、大光量フラッシュの搭載も特徴インカメラも800万画素と高画質だ

 本体側面には物理シャッターボタンが用意され、コンデジ感覚で気軽にシャッターを切れる。スリープ状態やカメラアプリが起動していない状態でシャッターボタンを押すと、カメラ機能が起動しすぐに撮影が可能となる。

側面に物理シャッターボタンを配置。シャッターボタンを押してカメラアプリの起動も可能

 また、シャッターボタンの横にはスライドスイッチを用意。カメラ機能起動中にスイッチを「Smart」側にセットするとフルオート、「Pro」側にセットするとワイトバランス、ISO感度、露出補正などをマニュアルで設定し撮影できるようになる。

 マニュアル設定は、変更項目をタップすると表示されるスライドバーを操作して行なうため、操作性に少々難ありと感じる部分もあったが、高級コンデジに近い細かな設定で撮影ができるので、カメラ機能にこだわりたい人にとって魅力的と言えそうだ。

シャッターボタン左のスライドスイッチで、カメラアプリの機能を切り替えられるスイッチを「Smart」にすると、フルオートで誰でも簡単に撮影できる
スイッチを「Pro」にすると、マニュアル設定での高度な撮影が可能上部の機能アイコンをタップすると、下部に設定変更用のスライドバーが表示され、細かな設定が可能

 スマホとしてのスペックは、CPUはSnapdragon 615(1.7GHz、オクタコア)、メモリー3GB、ストレージ32GBで、ミドルレンジとしてもかなり上位に位置付けられるものとなっている。OSはAndroid 5.0を採用。LTEに対応し、高速なデータ通信が可能。SIMカードスロットは2基備える。

左側面には、microSDカードスロットとSIMカードスロットを配置。SIMカードは2枚装着可能なデュアルSIMスロット構成となっている右側面には、シャッターボタンとカメラ機能切替スイッチ、電源ボタン、ボリュームボタンがある
ストラップホールを備えるのは、日本製以外のスマホとしてはかなり珍しい

 2015年6月に発売を予定しており、販売価格は349ドルを予定。日本での発売は未定だ。

(次ページでは、「スマホと組み合わせて使える超小型プロジェクター」)

前へ 1 2 次へ

この特集の記事