このページの本文へ

高輝度・短焦点投映が可能なコストパフォーマンスの高いビジネスプロジェクター

BenQ、距離1mで64インチ大画面が投映できる短焦点プロジェクターを発表

2015年02月27日 15時53分更新

文● 行正和義/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
MW621ST

 ベンキュージャパンは2月27日、短焦点レンズを搭載するDLPプロジェクター「MW621ST」を発表。3月6日より販売する。

 映写距離0.93~1.125mで60インチ相当、1.25~1.5mで80インチ相当、1.56~1.8mで100インチ相当の投映が可能な短焦点レンズを搭載する。投映方式はDLPで、解像度はWXGA(1280×800ドット)。光源は水銀ランプタイプで輝度3000ルーメン。消費電力を抑えてランプ寿命を伸ばすエコモードを搭載する。

画面反転により前面投写、天井前面投写、リア投写、天井リア投写に対応する

 映像信号は入力はアナログ(ミニD-sub)、ビデオコンポジット、Sビデオ、HDMI。コントロール用にUSB端子、RS-232C端子を装備する。本体サイズは幅287.3×奥行き232.6×高さ114.4mm、重量は約2.6kg。予想実売8万9800円。

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン