このページの本文へ

自分で静電気を発生させるアクティブスタイラスペン

2015年02月27日 11時30分更新

文● 鈴鹿 廻

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 感度調節にも対応する、プリンストンのスタイラスペン「PSA-TPA2」シリーズがパソコンハウス東映で販売中だ。カラーはブラック、シルバー、ゴールドの3色で、価格は4980円。

静電発生機構を搭載するアクティブスタイラスペンの新型。カラーは3色だが、取材時にはブラックが完売していた

 ペン本体が静電気を発生させる、アクティブスタイラスペンの新モデル。一般的なタイプに比べ、約1/3の筆圧で描画できる軽快さが魅力だ。指先からの静電気に頼ることなくタッチ操作が可能なため、手袋を着用したままでも使用できる。

 ペン先は直径2mmの極細タイプを採用。通常であれば細めのペン先では感度が弱くなってしまうところ、このモデルには感度調節機能が搭載されているため安心。ペン先を回転させることで感度を高めることが可能で、保護フィルムやガラスフィルムを貼った上からでも問題なく使用できる。

 単4電池1本で動作する仕様で、3分以上操作しない場合は電源が自動でOFFになるオートスリープ機能も備えている。

ペン先2mmの極細タイプで、電源スイッチを押して使用する。先端を回転させることで感度を調節することができる

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン