このページの本文へ

次世代パーソナルモビリティを都内で乗り回そう

パーク24、トヨタi-ROADでカーシェアリングの実証実験

2015年02月25日 16時26分更新

文● 行正和義/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
TOYOTA i-ROAD

 パーク24とトヨタ自動車は2月25日、カーシェアリング「タイムズカープラス」とトヨタのパーソナルモビリティ「TOYOTA i-ROAD」を組み合わたワンウェイ型カーシェアリングサービス実証実験を4月10日から都内で実施する。

 トヨタのi-ROADは次世代パーソナルモビリティを目指した1人乗りのEV(最高速60km/h)。貸出場所は有楽町駅前の「タイムズステーション有楽町イトシア」で、返却場所として有楽町イトシア以外にも浅草(タイムズ駒形第2ステーション)、東京ドーム(タイムズ東京ドームホテルステーション)、東京タワー(タイムズ東京タワーサイド第2ステーション)、お台場(タイムズパレットタウンパーキングステーション)のどこに返却してもよい。

展開場所概要図

 利用はタイムズカープラスの法人会員およびタイムズカープラスのポイントプログラムのステージ2以上の個人会員である必要がある。予約は会員向けウェブ予約画面から行い、初回乗車時のみ事前講習を行う。料金は15分412円で、最大2時間30分まで利用可能。実証実験は2015年4月10日から当面9月末まで実施する。

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン