このページの本文へ

世界最速0.06秒のAFを実現した高級コンデジ「FUJIFILM XQ2」

2015年02月05日 18時25分更新

文● 花茂未来

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「FUJIFILM XQ2」

 富士フイルムは5日、0.06秒の高速AFとF1.8の明るいレンズを備えた「FUJIFILM XQ2」(以下、XQ2)を発表。2月26日発売予定で、予想実売価格は4万8000円前後。

 同社独自の撮像面位相差AFにより、2/3型サイズ以上のセンサーを搭載したデジタルカメラにおいて世界最速という0.06秒の高速AFを実現。ピントが合っているエリアを自動的に最大9点表示する「マルチターゲット オートエリアAF」により、素早いピント合わせが行なえる。

 画像処理エンジンには「EXRプロセッサーII」を採用し、起動時間0.99秒、シャッタータイムラグ0.015秒、撮影間隔約0.3秒を実現している。

 また、ローパスフィルターレスの2/3型「X-TransTM CMOSII」センサーと、広角側でF1.8という明るいフジノン光学4倍ズームレンズを搭載。独自の美しい色再現を実現している。

 このほか、「フィルムシミュレーション」に、深みのある色合いと豊かな陰影の写真表現が可能な「クラシッククローム」モードを追加。Wi-Fi通信により、撮影画像をスマートフォンやタブレット端末に送信することも可能だ。

 感度はISO 100~12800まで設定が可能。背面ディスプレーは3型で、表示解像度は約92万画素。AUTOモード時の撮影枚数は約240枚。動画は1080pの60および30フレームを連続最大約14分、720pの60および30フレームを連続最大約27分まで記録可能となっている。

 本体サイズは幅100×奥行き33.3(最薄部23.3)×高さ58.5mmで、付属バッテリーとメモリーカードを含む重量は約206g。カラーバリエーションはブラック/シルバー/ホワイトを用意する。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン