このページの本文へ

ジョギングウォーキングだけでなく日頃の運動量を計測にも

エプソン、準天頂衛星みちびき対応GPSスポーツウォッチ

2015年02月04日 16時50分更新

文● 行正和義

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
、カラーバリエーションはブラック、カリビアンブルー、グリーンの3種類

 エプソンはは2月4日、GPSスポーツウォッチ「WristableGPS」の新製品「SF-110」シリーズを発表した。2月13日に発売する。

 重量約44gと、これまで発売したWristableGPSの中では最軽量。ランニングでの使用頻度の高い機能に絞ったシンプルな操作性、GPSウォッチ初心者にも分かりやすい表示とした。新たに1日あたりの歩数や消費カロリー、移動距離や目標歩数に対する達成度が分かる活動量計機能を搭載し、ランニングやジョギングだけでなく日常生活で利用できるようになっている。

 5気圧防水、GPS機能は準天頂衛星みちびき対応。ストライドセンサー(歩数計測センサー)により、GPS信号が受信できない室内の日常歩数や、屋内から走り始めた際でも遡ってランニングの計測が可能。付属クレードルを介してパソコンにランニングデータを転送できるほか、オプションにより心拍数計測にも対応する。

 GPS機能使用時で最大7時間、時計表示+活動量計ONでで最大7日間の動作が可能。予想実売2万1384円。

■Amazon.co.jpで購入【既存商品】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン