このページの本文へ

一目で義理とわかるチョコ、ブラックサンダーの真価発揮だ

本命など知らん! ブラックサンダーが徹底的に義理チョコ応援

2015年02月02日 13時50分更新

文● コジマ/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

有楽製菓によれば、新宿駅は「義理チョコの聖地」らしい

 「より多くの人々に義理チョコ文化に親しんでいただき、義理チョコ文化をさらに盛り上げていきたいと考えています」(ニュースリリースより)。

 「ブラックサンダー」を製造・販売する有楽製菓が、義理チョコを徹底的に応援する動きを見せている。同社は2月2日、「一目で義理とわかるチョコ、ブラックサンダー・ピールオフ・イベント」を、2月9日から2月15日まで開催すると発表した。非常にわかりやすいイベント名である。

 イベント期間中、東京メトロ丸ノ内線新宿駅地下通路メトロプロムナードにて、どんなチョコでも義理チョコにできる「義理シール」と「ブラックサンダーチェキ 応募券」がセットになったピールオフが設置される(1日1000枚限定)。注目すべきは義理シールで、義理であることがわかりやすくアピールできるもの。

どんな高級チョコも義理チョコになる「義理シール」を使って、さして意識していない人に本命と誤解されることを防ごう!

こちらは「ブラックサンダーチェキ 応募券」。裏面のアンケート項目の意味不明な感じには触れないでおきたい

 上記の応募券を「ブラックサンダー義理チョコショップ」(東京駅一番街「東京おかしランド」イベントスペース)内に設置した応募BOXに投函すると、抽選で5名に限定商品「ブラックサンダーチェキ」が進呈されるとのこと。「一目で義理とわかるチェキ」という、これまたわかりやすい文句があしらわれているようだ。

こちらが限定商品「ブラックサンダーチェキ」。「一目で義理とわかるチェキ」と書いてあるので、特に好みではない相手を撮影時に勘違いさせずに済む

 ちなみに「義理チョコショップ」とは、有楽製菓が「義理チョコ文化の普及」というすさまじいコンセプトで開店している期間限定ショップ。店舗限定商品である「生ブラックサンダー」などを含む全7種類の関連商品を販売している。場所はJR東京駅一番街地下1階、東京おかしランドのイベントスペース。2月15日まで営業している。営業時間は9時〜21時。

「義理チョコショップ」が展開されている東京駅。「一目で義理とわかるチョコ」の文字列がまぶしい

 ニュースリリースによれば、有楽製菓はわざわざ「義理チョコ文化を応援する」そうで、2013年に7000人以上が来場した「ブラックバレンタイン」イベント開催地の新宿駅を「義理チョコの聖地」、そして、2014、2015年と「義理チョコショップ」を展開している東京駅を「義理チョコの発信地」と位置づけているという。知らなかった、そんなの……。

 なにもここまで義理チョコに固執しなくてもと思わなくもないが、チョコレート市場がにぎわうバレンタイン商戦に“義理チョコイベント”でアピールするという戦略は、主力商品の価格帯や位置づけを見極めた有楽製菓らしいアピールといえるかもしれない。

 「義理チョコなんだから変な誤解はされたくない、完膚なきまでに義理であることを伝えたい」と思っている人にとっては見逃せないイベントといえそうだ。

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ