このページの本文へ

より徹底された振動対策で音場感と分解性能を高めた

JVCのウッドコーンオーディオに、Bluetooth初対応の新作

2015年01月29日 16時00分更新

文● 貝塚/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
彩速ナビゲーションType Z「MDV-Z702」

 JVCケンウッドは2月4日、ハイレゾ音源を再生できるAVナビゲーションシステム「彩速ナビゲーション Type Z」を発表した。2月下旬の発売を予定している。

 ハイレゾ音源(192kHz/24bit)の再生が可能な製品は、カーナビ業界では初だという。USBメモリーまたはSDカードに保存したデータ(FLAC、WAV)を再生できる。さらに独自技術により、CDやDVD、地上デジタル放送などの非ハイレゾ音源すべてを192kHz/32bitへアップコンバートする機能を搭載している。

 ナビ機能も強化されている。デュアルコアCPUを搭載したことで処理速度を速め、フリック操作、ピンチイン/アウトでの縮尺変更など直感的操作が可能となった。これに合わせ、ホーム画面もスマートフォンに近いレイアウトに変更している。

ホーム画面は「AV」「ウィジェット」「地図」の3つの領域を配置カーナビとしての案内機能も充実
幅200mmのワイドモデル「MDV-Z702W」、操作パネルは画面右に配置している

 幅180mmの「MDV-Z702」と、幅200mmのワイドモデル「MDV-Z702W」をラインアップする。どちらも実売価格は15万円程度となる見込み。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン