このページの本文へ

後からWindows 8.1 Proをインストール可能

パソコン工房でWin 7ダウングレード権行使のデスクトップ販売

2015年01月27日 18時31分更新

文● 八尋/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Windows 8.1 Pro(64bit)のダウングレード権を利用したWindows 7 Professional(64bit)を採用するデスクトップPCの販売を開始

 パソコン工房では1月27日、「iiyama PC」ブランドよりOSにWindows 8.1 Pro(64bit)のダウングレード権を利用した、Windows 7 Professional(64bit)を採用するデスクトップPC2機種の販売を開始した。

 これらの機種は、ダウングレード権を利用してWindows 7 Professionalをプリインストールしているので、後からWindows 8.1 Proをインストール可能だ。ラインアップは、スペックが異なる「MN5010-i3-CZM-DG7P」「MN5010-i5-FKM-DG7P」。

 CPUがCore i3-4160(3.6GHz)のMN5010-i3-CZM-DG7Pは、4GBメモリー、500GB HDDという構成だ。価格は6万4779円。CPUがCore i5-4460(3.2GHz)のMN5010-i5-FKM-DG7Pは、4GBメモリー、1TB HDDを搭載する。価格は7万5579円。

■関連サイト

カテゴリートップへ