このページの本文へ

総務省/NICT、うるう秒の挿入を正式発表

今年の7月は3年ぶりにちょっとだけ長い

2015年01月16日 17時34分更新

文● 行正和義

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
NICTの発表

 総務省および独立行政法人情報通信研究機構(NICT)は1月16日、7月1日に3年ぶりとなる「うるう秒」の挿入を行うと正式発表した。午前8時59分59 秒と午前9時00分00秒の間に「8時59分60 秒」が挿入される。

 うるう秒の調整は地球の自転を観測する国際機関「国際地球回転・基準系事業」が決定しており、世界で一斉にうるう秒の調整を行うと1月5日に決まった。日本においては総務省およびNICTが挿入を決定・実施を行うため、このたび正式発表となった。

 総務省およびNICTでは、情報提供や関係機関への連絡などによりうるう秒の周知・広報を行うほか、NICTでは5月頃を目途に「うるう秒実施説明会」を開催し、調整に関して説明を行うという。

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン