このページの本文へ

ウェアラブルに、センサーネットワークに、モノのインターネット化で世界を変えそうな予感

インテル、ボタンサイズのコンピューター「Curie」をCESで発表

2015年01月07日 14時27分更新

文● 行正和義

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ボタンサイズのモジュール製品「Curie」

 米インテルは1月6日、ラスベガスで開催中のCESにてウェアラブル機器向けのコンピューターモジュール製品「Curie」を発表した。

 Curieは同社の開発ボード「Galileo」などにも搭載したQuarkプロセッサの SOC版「Quark SE SoC」をコアに、384KBフラッシュメモリと80KB SAM、Bluetooth LE通信モジュール、6軸加速度センサー、充電式電池などを一体化したもの。

CurieとKrzanich CEO 

 最近流行のフィットネストラッカーといったウェアラブル用途を中心に、各種のIoT(モノのインターネット)に利用を見込んでいるようだ。Curieは2015年後半の提供を開始しているという。また、インテルではオークリーとコラボしたスポーツアイウェア、ブレスレットのように手首に巻いて携帯できる小型マルチコプターコンセプトを展示するなど、ウェアラブルを始めとした“モバイルデバイスを超えるコンピューター”への展開に意欲的なようだ。

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン