このページの本文へ

グラフィックカードのアップグレードに手頃 

リンクス、グラフィックカード用簡易水冷化用ブラケットを発売

2015年01月06日 18時25分更新

文● 行正和義

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
CORSAIR Hydro Series HG10 A1 Edition(水冷化ユニット装着済み)

 リンクスインターナショナルは1月6日、簡易水冷化にも対応するCORSAIR製GPUクーリングブラケット「CORSAIR Hydro Series HG10 A1 Edition」の取り扱いを開始。1月10日より発売する。

ブラケット単体

 グラフィックカードはAMD Radeon R9 290、290Xに対応。CORSAIR製の水冷一体型ユニット「Hydro Series」(H110/H100i/H90/H80i/H75/H60)を装着することが可能となる。

グラフィックカードにブラケットを装着することで水冷ヘッド、空冷ファンをセットできるようになる

 熱伝導効率の高いアルミニウム製で、サーマルパッドにより基板と密着してVRAMや電源回路など基板全体を効率的に冷却することが可能。本体サイズは幅240×奥行き100×高さ55mm、重量約215g。予想実売価格6240円前後。

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン