このページの本文へ

スリーブベアリングのファンと比べて、最長2倍の長寿命だという

ファンの軸受けに2つのボールベアリング、GTX 1050 Tiを搭載した「PH-GTX1050TI-4G」

2016年11月15日 19時38分更新

文● 田沢

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ASUSTeK Computerは11月15日、GeForce GTX 1050 Tiを搭載するビデオカード「PH-GTX1050TI-4G」を日本市場向けに発売することを発表した。発売日は11月18日で、市場予想価格は1万9500円前後。

 ファンの軸受けに2つのボールベアリングを使用した「デュアルボールベアリングファン」を搭載。従来のスリーブベアリングを使用するファンと比べて、最長2倍の長寿命を実現するという。

 リアルタイムハードウェアモニタ&OCツール「GPU Tweak II」を搭載。Windows上からビデオカードの状態を細かく把握でき、詳細なオーバークロックの設定も行なえる。Windowsのバックグラウンドで動いているサービスプログラムを停止させて、より多くのCPUパワーをゲームに使用させる機能なども搭載している。

PH-GTX1050TI-4G
グラフィックスコアNVIDIA GeForce GTX 1050 Ti
Boostコアクロック1392MHz
コアクロック1290MHz
メモリースピード7Gbps
メモリーインターフェース128bit
ビデオメモリーGDDR5 4096MB
出力インターフェースDisplayPort 1.4×1、HDMI 2.0×1、DVI-D×1

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン