このページの本文へ

ケース装着型レンズ製品群をはるかに超える性能を持つ赤外線画像撮影装置

iPhoneが赤外線サーモグラフィカメラに 「FLIR ONE」発売

2014年12月17日 15時23分更新

文● 行正和義

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
FLIR ONE  

 多摩電子工業は12月12日よりiPhoneに装着する赤外線カメラ「FLIR ONE」を発売している。

当然ながらiPhone本体に備わるカメラを用いるものではない 

 FLIR ONEは米でFLIR Systemsの製品で、iPhone 5/5sの背面にケースのように装着、専用アプリ(無料)をインストールすることで熱映像赤外線カメラ(サーモグラフィカメラ)として利用できる。

動画も撮影可能(左)、スポット温度計としても利用できる(右)

 赤外線映像は静止画/動画として記録できるほか、スポットメーターモードでは表面温度を測定することも可能。1400mAhのバッテリーを内蔵し、フル充電で約4時間利用できる(iPhoneのバッテリーは用いない)。

販売ページではさまざまな活用方法を紹介している 

 本体サイズは幅6×高さ14×2cm、重量は約90g。iPhone 5/5s用スリムケース、micro USBケースなどが付属。価格は3万2184円。

■Amazon.co.jpで購入

■関連サイト

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中